ワックスでのムダ毛処理のコツに関して

MENU

ワックスでのムダ毛処理のコツ

ワックスでの脱毛方法は、処理したい肌の表面にワックスを塗った後にはがすことで、ムダ毛を根元から抜き取ることができるというものです。ムダ毛の自己処理方法としては剃刀や毛抜きを使用する方法がより一般的といえますが、ワックスを使用することで広範囲のムダ毛処理を行うことができるということが利点として挙げられます。

 

ワックスは温めてから使用しますが、温度調節が難しいので注意が必要です。温度を高くし過ぎてしまうと火傷を引き起こしてしまうこともあるため、必ず説明書の注意書きを理解し、温度調節は慎重に行うことが重要です。また処理を行う時間帯は、入浴後の毛穴が開いている状態で行うことが望ましいです。

 

毛穴が開いている方が、根元から抜けやすくなるからです。注意すべき点は、脱毛後すぐに入浴することは避けた方が良いです。脱毛で開いてしまった毛穴に雑菌が入りやすくなってしまうため、かぶれや炎症の危険性が高まります。このようにワックスでムダ毛処理を行うと、毛穴が開いた状態になるため、通常より雑菌が入りやすくなってしまいます。雑菌が入ることで炎症を引き起こすだけではなく、肌の黒ずみの原因にもつながってしまいます。脱毛後のケアとして望ましいのは、保湿力よりも殺菌力の強いケア用品を使うことです。ワックスを使用することで肌の炎症や黒ずみといったトラブルを引き起こす可能性も考えられますが、適切な温度調節や入浴後の処理といったコツを踏まえることで、より効果的なムダ毛処理を行うことができます。

 

自己処理よりサロン!という方は、ミュゼ0円企画が始めやすいです。

関連ページ

テープでのムダ毛処理のコツ
テープでのムダ毛処理のコツに関して掲載しております。
毛抜きでのムダ毛処理のコツ
毛抜きでのムダ毛処理のコツを掲載しています。
カミソリでのムダ毛処理のコツ
カミソリでのムダ毛処理のコツについて詳しくお伝えします。